看護師チェンジ

看護師上がりの転職エージェントが看護師目線で転職のポイントを公開していきます。是非、転職時の参考にしてみてください。

看護師の失敗しない転職方法〜自分で探す編〜

働いている皆さんであれば既に理解されているかと思いますが、看護師の職場は他の方が思っているほど単純ではなく、極めて緊張と人間関係のストレスに悩みやすい環境です。

転職を考えている看護師は、何かと忙しく仕事を続けながら転職活動をすることは大変です。自分にあった働き方、病院を探すには人一倍パワーが掛かります。

  

そこで今回は「失敗しない転職方法〜自分で探す編〜」と題して解説していきます。

 

自分で看護師求人を探す方法

一般的に転職は活動方法で成功するかどうかの確率が大きく変わります。特に看護師が働く医療現場は、転職するやり方で得られる情報や手間が違ってきます。

まずはそれぞれの転職方法を理解して、自分に合う転職方法を探しましょう。

 

病院のホームページを確認する

病院の求人は求人サイトに掲載されるケースもあれば、人気の病院に限っては病院のホームページにしか掲載をしないパターンがあります。気になる病院は常日頃から確認するようにしましょう。

f:id:kangoshichang:20170121224729j:plain

 

メリット

  • 働きたい病院が決まっている場合は、すぐに応募できる、時間が掛からない
  • 求人以外の病院の情報も得られる
  • 気になることは病院に直接問い合わせができる

デメリット

  • 病院側の一方通行のメッセージしか分からず、病院の実態やリアルな情報が確認できない
  • 特別働きたい病院がなければ、転職活動が始められない

 

求人・転職サイトで探していく

求人・転職サイトに掲載されている求人に対して応募する方法です。数年前まではインターネットで転職活動するという方も少数派でしたが、今は逆に一般的な方法となっています。

 

メリット

  • 自分の好きなタイミングで転職活動ができる
  • 検索機能を用いてニーズに対してマッチする病院が見つけられる
  • 看護師を募集している病院情報が比較できる
  • 求人情報以外にも転職に関する情報コンテンツがあり勉強になる

デメリット

  • 得られる情報が不足してしまうケースがある
  • 掲載されている情報は「求人広告」なので病院側のメッセージが強く出る

 

px.a8.net

 

新聞、雑誌の求人情報で探す

インターネットが復旧する前の転職方法の1つだった新聞、専門雑誌の求人欄ですが今でも多くの求人が掲載されています。

f:id:kangoshichang:20170121230454j:plain

 

メリット

  • 配布地域の情報をベースに掲載される事が多く、地元の病院やクリニックの情報が掲載されやすい
  • ネットに掲載されていない穴場求人が掲載されている可能性がある

デメリット

  • 求人の数が少ない
  • 求人情報は最低限の条件しか掲載されていない場合が多い
  • 求人の募集期間が短い

 

ハローワークで探す

公的機関のハローワークにも病院求人が寄せられます。転職の一般的な流れが分からない看護師の方にお勧めの機関です。

 

メリット

  • 公的機関なので安心感がある
  • 無料で転職の相談ができる
  • 平日夜も対応してもらえるケースがある
  • 土曜日も対応している

デメリット

  • 応募にはハローワークから発行される紹介状が必要
  • 求人はハローワークのパソコンを使って自分で探す事が多い
  • 求人の詳細情報に関しては、担当者は詳しく把握できていない
  • 求人詳細は細かいが、病院の内部情報は分からない

 

まとめ

求人を自分で探すという選択肢は「自分のペースで転職をしたい」といった方にお勧めです。一方で多くの求人情報から自分にあった病院を探すには相当な手間もかかり、病院内部のリアル情報は得られません。

「あの時こうしておけば・・・」とならないように、焦らず自身にあう転職方法を選択しましょう。